HOME > Biography

Biography.jpg



日景秀徳 Hidenori Hikage (作編曲、鍵盤楽器等)

 1987年生まれ、青森県弘前市出身。青森県立弘前高等学校を卒業後、日本大学藝術学部音楽学科へ進学し、日本大学特待生に選出される。在学中はライブエレクトロニクスに焦点を当てた研究と制作を行う傍ら、クラシックと現代音楽の理論及び作曲を学ぶ。作曲を伊藤弘之、夏田昌和、和声を中島伸行、オーケストレーションを峰村澄子の諸氏に師事。2010年3月に優等賞を得て首席で卒業。

 2010年9月からアメリカのバークリー音楽大学へ留学し、Berklee Writing and Composition Scholarshipを得る。在学中は主にジャズの理論及び作曲とジャズピアノを学ぶ。作曲をGreg Hopkins、Phil Wilson、Scott Free、Dick Lowellの諸氏に師事。Hidenori Hikage Six Horns Bandを結成して公演を行い好評を得る。また、ミュージカルの編曲やオーケストレーションも手掛けており、ボストンでの公演においてアレンジャーとしてデビューを果たす。その他にも、モデルのプロモーションビデオの音楽を担当するなど活動の場を広げる。およそ2年間の留学期間を経て、2013年1月より日本で活動を再開。

 帰国後は「日景秀徳シックスホーンズ with 類家心平」として南郷ジャズフェスティバル2013に出演した他、The Brand New HeaviesのボーカリストN’Dea Davenportなど多くの著名ミュージシャンと共演を果たす。2015年4月からは演奏活動を休止し、制作活動に専念している。幅広い音楽活動による知識と経験をもとに、多角的に音楽を捉える作編曲、演奏を得意とする。

主な共同制作者、共演者(アルファベット・五十音順、敬称略)

 Darthreider, Hibikilla, ISH-ONE, JAY’S GARDEN, KAORU, Katsuya Everywhere (celectrixx), Mary Jane, N’Dea Davenport (The Brand New Heavies), NOXAH, Rei, RINO LATINA ll, SHUHEI (エイジアエンジニア), style-3!, TAKACHA, TAKAROT aka MATTAN, Tina, TOKU, YOU THE ROCK, 亜矢, 高田リオン, 伊達幸志(JOKER), タニザワトモフミ, 平島慎吾, ポチョムキン (餓鬼レンジャー), 山本恭司, 類家心平